アフィリエイト塾トップ > 塾長コンテンツ > 塾長お勧めの一冊・・・金持ち父さん貧乏父さん

塾長お勧めの一冊・・・金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

あまりビジネスに興味がない人でも、題名くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。ある時期に全世界で爆発的に売れた本で、日本でもいまだに売れ続けています。amazonなどだけではなく、書店でも販売されており、続編も何冊も出版されています。

ジャンルは自己啓発本・・・とは少し違っており、ビジネス、お金というものの考え方を改めさせてくれる本です。

この本は、塾長が最もお勧めする本です。あれ?アフィリエイト関係の本じゃないの?確かに直接アフィリエイトというものに関係はしませんが、考え方はアフィリエイトにも通用します。貴方が、アフィリエイトというものを真剣なビジネスとして考えていこうとしているのであれば、これ系の本は一冊は読んでおいてください。投資、ビジネス、雇われる人・・・考え方によって、普段の生活でも考え方がかわってきます。

金持ち父さんとの出会い

『金持ち父さん貧乏父さん』に出会ったのは、漠然と何かしようと思い始めた頃でした。まずは本から・・・と思い、友人にかりて読み始めましたが、読み終わってからとにかくやる気満々になりました(笑)

『金持ち父さん貧乏父さん』を読む前は、自分の人生を考えた場合、漠然と35を過ぎて脱サラして会社を創れたらいいなぁと考えていました。その考えはすぐに変わり、今すぐ何かしなければ!という考えに変わりました。

どのような本か?

簡単に内容について説明します。

仕事をしている人々を、4つのカテゴリに大きくわけます。ビジネスを持っている人(B)、雇われる人(E)、医者などのスペシャリスト(S)、投資家(I)です。

お金を稼ぐということを考えた場合、雇われる人(E)のままでは十分ではありません。Eは安定しているようにみえますが、解雇というリスクもつきまとっています。まずはBになり、その後Iになることがお金持ちへの道であると説いています。

筆者は本当のお父さん(貧乏父さん)と、友達のお父さん(金持ち父さん)の二人から教育を受けて育ちます。本当のお父さんは、エリートサラリーマンで、給料は高かったのですがある事情により仕事を解雇され、そこから貧乏への道を歩み始めます。

一方、友人のお父さん(金持ち父さん)は多くのビジネスをはじめ、どんどん金持ちになっていきます。

この二人に育てられた筆者は、全く違う視点からお金について考えさせられることになります。貧乏父さんは『良い大学にいき、良い会社に入ることが大事で、お金について執着することは悪だ』と教えます。金持ち父さんは『ビジネスを始める事が大事で、学歴などは関係ない』と教えます。

筆者は、金持ち父さんのいうことを信じ、金持ち父さんからお金に関する様々な教育をうけます。どうすればお金の心配をしなくてもよくなるのか。その過程を、実体験をもとにかかれているため、その部分だけでも非常にためになることが多くあります。

また、体験だけでなく、『持ち家は資産ではなく負債である』というような考え方や、『自分の価値を高めるための投資は積極的にするべき』など、お金の考え方についても詳しく説明しています。

これ一冊を読めば、投資家のプロになれる!というジャンルのものではなく、お金や人生を考えた場合、どう動いていくことが最もよいのかということを、お金持ちの視点から説明してくれています。

これとよく似た本はいくつかありますが、一冊は絶対に読んでおいたほうがいいと思います。ビジネスに限らず、お金に対する考え方が変わる一冊といえます。

金持ち父さん貧乏父さんに出会えたこと

この本に出会わなかったら、きっと塾長の人生は今とはずいぶん変わっていたと思います。いつまでも会社で働くという意識が抜けず、アフィリエイトに力を注ぐこともなかったかもしれません。

金持ち父さんを呼んだことは大きな一歩を踏み出すきっかけとなったことは間違いありません。

いま何をしたらいいのかわからない人。何かをはじめようとしている人。やる気満々な人。どんな人でも価値があると思える本だと思います。是非読んでみてください♪

>>金持ち父さん貧乏父さんをのぞいてみる

CSVファイルからサイトを自動生成!マッドアフィリエイター(Mad Affiliator)