SEOとは?

3−1 SEOについて

SEO。最近、このSEOという単語をめぐって様々な情報が飛び交っています。ホームページを作成する人であれば、この言葉について敏感に反応するようにして欲しいと思います。

SEOとは?

SEOとは、検索エンジン最適化(SEO)とはGoogleYahooMSNと言った検索エンジンにおいて、キーワードで検索をかけた場合に、自社のWEBサイトが上位に表示されるようホームページを改善することです。

つまり、検索エンジンで検索してみたときに上位に表示されているサイトは、SEOがきちんと行われているということです。

上位表示されると?

パソコンでホームページを探す場合、検索エンジンを利用することが最も一般的です。ホームページを運営している人から考えれば、この検索エンジンに上位表示されれば、お客さんが増えるということになります。検索エンジンをあなたが利用したとして、いくつ目のサイトまでみていますか?大体1〜3個程度ではないでしょうか。

ある単語で1〜3位に表示されているサイトは、その単語でくるお客さんを独占しているということになります。上位表示される=お客が増える。この式がなりたつわけです。

例えば、ペット用品という単語で検索したとしましょう。ある日のペット用品で表示されたサイトは750万サイトでした。ペット用品という単語は1ヶ月で約35000回検索されています。750万もサイトが表示されていますが、ほとんどの人は1〜3位しかみません。つまり、1ヶ月35000回という検索回数は、そのまま1位〜3位のサイトの訪問者になるということです。

重要な検索エンジン

現在、日本で使われている検索エンジンはGoogleYahooMSNがほとんどのシェアを占めています。3つの検索エンジンにたいして、上位表示されるようにすることが最も重要なお客集め。ということになります。

はてなのような独自検索エンジンもありますが、ネットに少し詳しいユーザーが利用しているというイメージです。これからこの力関係は変化していくかもしれませんが、しばらくはこの関係が続くと思われます。

検索エンジンの仕組み

検索エンジンは、ロボット(クローラーなどと呼ばれています)が情報を収集しています。情報の収集は定期的に行われており、いつまわってくるかはわかりません。このロボットが収集したデータをデータベースで管理し、ユーザーに情報を提供しています。

このロボットの仕組みを知ることがSEOへの近道ということになります。ロボットの仕組みは「おそらくこの仕組みに違いない」というレベルまではきていますが、ロボットも常に更新されているため、「確実にこれが正しい」という答えはありません。

検索エンジンの仕組みを知ることこそがSEOへの道!ということを認識しておいてください。

具体的にSEOを行うにはどのようにすればいいのか?それは次で説明します♪